施術例 ~ぎっくり腰~

運送業の20代男性。

今日の朝、荷物を持ち上げた時にぎっくり腰になったみたいだというご相談の電話をいただきました。

夜に来院を希望されたものの予約が埋まってしまっていたのですが、急性症状でしたので、早く対処した方が良いと判断し、時間外(通常の受付時間終了後)に来ていただくことにしました。

ヒアリング

今朝の仕事中に荷物を持った時にぎっくり腰になったのではないかと思うとのこと(経験がないため、ご自身ではぎっくり腰なのかどうかよくわからなかったそうです)。

まず、荷物を持った時に痛みが走り、直後はそれほどで強い痛みではなかったが、それが一日続いていたそうで、可動域などを見たところどちらかというと軽度ではありますが、ぎっくり腰と考えられました。

また、以前から慢性的に腰にだるいような疲労感を覚えることがよくあったとのことで、一目見てすぐわかるくらいに身体が歪んでいました。

  • 背骨の生理弯曲(横から見た時の自然なS字カーブ)が大きく崩れている
  • 腰が丸くなり過ぎている
  • 上部胸椎(左右の肩甲骨の間の部分)が不自然に伸び過ぎている

施術

当院は慢性痛専門ということにさせていただいてはいますが、ぎっくり腰にも DRT はとても有効です。
(※ 無理なくうつ伏せになれる場合)

初回は DRT のみを行いました。

骨盤の動きがかなり制限されていたので、全体的に小さな動きで調整を行いました。
(ぎっくり腰の時は、このようにすることが多いです。)

ぎっくり腰の場合、必ずしもその場で痛みの強さが大きく軽減するとは限らないので、可動域の確認だけでもしてもらおうと思い、可動域を撮影させてもらいました。

ぎっくり腰でお困りのRK様1

写真ではわかりにくいですが、後に反らせる動作は、少し角度が大きくなり、腰に手を添えなくても痛くなくなったとのことです。

ぎっくり腰でお困りのRK様2

右にひねる時に痛みがあったのが、それほど気にならないくらいにはなったとのことでした。
(肩の角度を見ると少し大きく回るようになっています。)

※ ↑ ご紹介している写真は一例であり、施術の効果には個人差があります。

今後

施術後、痛みも施術前よりは楽になったとのことでしたが、もちろんこれで万全というわけではありませんから、次回予約をとっていただき、背骨の生理弯曲を回復させて、普段の腰のだるさの解消、ぎっくり腰予防のために施術を継続していただくことになりました。